Plugin Install : Cart Icon need WooCommerce plugin to be installed.

Keyboarding

これらの中で 169 テクノロジー中心の状況では、教育学の概要(教育にとって最も重要な技術トピック)、ほとんどの教室の技術的状況に取り組むための実践的な戦略、学習のためにこれらを足場にする方法、および日常の字幕を提供する場所を取得します技術。 注入された教育。 今日のヒント:10の最高のキーボードのヒント カテゴリ:キーボード このポスターには、生徒がキーボードで優れていることを妨げる最も一般的な間違いをカバーする10のキーボードのヒントがあります。 ひじを体の側面に当てます。 これにより、手を正しい場所(ホーム列)に直角(列に平行)に保つことができます。 スペースバーには右手の親指を使用します。 それはあなたの手を家で準備ができたままにします。 ホーム列を横切って指をカールさせます-それらは猫の足であり、犬の足ではありません。 内側のキーには内側の指を使用し、外側のキーには外側の指を使用します。 これは、生徒がタイピングを押し始めるまでの経験則です。 必要なキーに最も近い指を使用してください。 簡単そうに聞こえますが、初心者には通常は起こりません。 マーカーをfとjに固定しておきます。 これらのキーの触覚バンプに注意してください。そうすれば、ホームローを見つけるためにキーボードを見る必要がなくなります。 ピアノ(またはバイオリン、ギター、リコーダー)を作っているかのようにキーボードを弾きます。 すべてのキーにカーソルを使用することはありません。 キーボードでもこれを行わないでください。 手ではなく指が動きます。 手はfキーとjキーに固定されたままです キーボードの側面の間にバリアを追加します。 正面から形を整えました。 キーボードの右側にいることを生徒に思い出させます 大文字にCapsLockを使用しないでください。 シフトを使用します。...

Read more

この質問は、私のテクノロジープランの読者や購入者からよく寄せられます。 子供たちはどれくらい速く書くべきですか? 幼稚園はどうですか? 彼らの脳はいつ速度と正確さを理解するのに十分成熟しますか? 私がこの主題に関する文献をレビューしたとき、それはいたるところにあります。 3年生と言う人もいれば、6年生まで残す人もいます。 私は言います-あなた自身の学生のセットに基づいて決定してください。 私、私は私の特定のK-8学生に合った結論に達しました。 彼らの人口統計は次のとおりです。 私立学校 親はキーボードの強調をサポートします ほとんどが自宅にコンピューターを持っています。 実際、ほとんどの人は自宅に自分のコンピューターを持っています 生徒はクラスでキーボードを使って練習し、キーボード指向の宿題を手渡します。 この一連の学生に基づいて、私が必要としているものは次のとおりです。 幼稚園 はじめに。 Typeを使用してJrを学習します。 また、ヒグマのタイピングを生徒の課題として使用します。これは、生徒を別の選択肢に移動させるアクティビティです。 私は焦点を当てます: ポーズ 手の位置(キーボードの手) 彼らはTTLジュニアを許容します。 ヒグマが大好きです。 多くの場合、彼らが先に進むことを可能にするスコアを達成したとしても、彼らは進み続けます。 自由な選択があるとき、彼らはしばしばこのプログラムを選びます。 また、さまざまなゲームを使用して、キーボードの最も一般的なキー(Enter、Space、BackSpace、Deleteなど)の学習をサポートしています。 ファーストクラス...

Read more

毎月、サイトで共有したり、壁に書き込んだり、インスピレーションを得たりできるテーマポスターを共有しています。 -65枚のポスターのコレクション全体については、ここをクリックしてください コメントは締め切らせていただきましたが、ツイッター(@askatechteacher)までお気軽にご連絡ください。 Jacqui Murrayは、K-18テクノロジーを30年間教えてきました。 彼女は、K-12テクノロジーカリキュラム、K-8キーボードカリキュラム、K-8デジタルシチズンシップカリキュラムなど、100を超える技術リソースの編集者/著者です。 彼女は技術教育の非常勤教授、マスターティーチャー、4つのブログのウェブマスター、Amazon Vine Voice、CSTAプレゼンテーションレビューア、技術教育トピックに関するフリーランスジャーナリスト、NEA Todayの寄稿者、技術スリラーの著者です。 潜水艦を狩るには そして 24日。 彼女のリソースは構造化学習にあります。 関連

Read more